②コンテンツ販売の方法

【体験談】socialdogの一括(自動)フォロー・いいね・ツイート機能で【1日2時間が→15分の時短に】(Pro利用の評判・口コミ)

この記事は、「楽しくTwitter をやってお友達を増やす」目的ではなく、

「集客のために Twitter を、本気で利用したい」スタートアップの方や、フリーランスの方向けに書いた記事になります。

sosialdogを使って時短をしたい」方の参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人:ぽむこ

個人で1から商品販売を始めた、1人起業で月商6桁〜7桁のフリーランス。

モットーは「お客様Win 販売者Win」の商売をすること。

1児の母でもあるので「家族に何かあったとき」にすぐ対応できるために、なるべく事業を「 自分の手から離す(資産化する)」仕組みをいつも考えている。

@pomukoburorich

ぽむこ

Twitter 集客にあまり時間をかけたくないため、「時短」をするため、SocialDogを導入中。

導入して「よかったこと」「ここはイマイチだったこと」、全て赤裸々にお話しします。

 

まずこの記事にたどり着いて下さった方は、socialdogを使って

 

自動フォローはできるのか?

自動いいねはできるのか?

自動ツイートはできるのか?

 

そもそも

socialdogを使って、集客の時間を、効率化できるのか?

そんな風に思われている方が多いと思います。

 

それではまず、結論として、私が、socialdog Proプランを 使った結果をお伝えしますね。

 

socialdogを使う前 socialdogを使った後(現在)

 Twitter 投稿や、毎日コメント返しに悩み、毎日2時間 twitter発信に時間をかけてしまう

Twitterのチェックは、毎日15分でOKに

 

私の、 「Twitter 集客だけに時間をかけられない個人事業主(フリーランス)」としての、個人的な意見を言わせてもらうと、

 

「なんでもっと早く導入しなかったんだ、自分!(バカ!)」

と思うくらい、時短、効率化がソーシャルドッグによって、図れています。

 

そして、sosialdog導入前に、「Twitter にさいていた非効率な時間」は、全て「売上を伸ばすこと」に使うことができるようになり、「socialdogにかけた投資額」以上のリターンが返ってきました

ぽむこ
今では、sosialdogのProプランの投資額(料金詳細はこちらから確認できます)に悩んでいた時間がもったいなかったなと思っています。

 

それでは、

  • 具体的にどう時短になったのか?
  • 自動フォロー、自動いいね、自動ツイートはできるのか?
  • socialdogの「ここが思っていたのと違う」と思ったことはあるのか?
  • 総合的にsocialdogに対して、事業主として、どういう感想を持っているのか(すべて正直に書きます

などについて、この記事では、具体的にお話をしていきたいと思います。

 

>> 【7日間無料体験可能】socialdogの 機能詳細を見てみる 

\特典付きリンク/

▶︎【こちらのページから無料連携で 7日間の無料特典付き】socialdogの詳細はこちら

※特典は、予告なく変更される場合があります

 

※昔は「14日間無料」でしたが、最近、人気も高いためか「7日間無料」となりました。

完全な有料化するまでに、お試ししておいた方が良いかと思います。

 

socialdogは自動フォロー・ 自動(一括)いいね・自動ツイートで時短することは可能なのか?

まず、「socialdogは自動フォロー・ 自動いいね・自動ツイートで時短することは可能なのか?」という疑問を お持ちだと思うのですが、

 

 

結論からお伝えすると

「自動フォロー・ 自動いいね」はできないですが、けれども、それに「似たやり方」で時間短縮することが可能です。

「自動ツイート設定」は可能です。)

 

それでは「どういうやり方で、時間短縮することができるのか?」 詳しく解説をしていきますね。

 

ぽむこ
なぜsocialdogで、「自動フォロー・ 自動いいね・自動ツイート(botツイート)」ができないのか?については、この詳細解説の中で、詳しくお話し解説しますね(ざっくり言ってしまうと、「安全性のため」です)。

 

socialdogは自動フォローを使って時短することは可能?(結論:一括フォローで時短は可能)

それではまず「自動フォローで時短は可能?(結論:一括フォローで時短は可能)」 と言う疑問ですが、

結論からお伝えすると、socialdogは、「自動フォロー」はできませんが、「一括フォロー」で時間短縮することは可能です。

メモ

  • 自動フォロー…「システム」で、自動でフォローしていくこと。
  • 一括フォロー…「人の手」で、気になる人を抽出して、フォローしていくこと(凍結リスクが少ない)

 

それでは、なぜsocialdogで、「自動フォローができないようになっている」のかというと、 ざっくり言ってしまえば、

「Twitter の規則に違反しないようにするため」です。

 

ぽむこ
Twitter の規則に反して「自動化」をゴリ押しして、運用してしまうと、アカウントが停止されたり、凍結されたりするリスクがあります。

 

フォローとフォロー解除の自動化: Twitterアカウントを大量または無差別にフォローしたり、フォロー解除したりしないでください。過剰なフォローはTwitterルールで禁止されています。詳しいルールについては、「フォローのルールと成功事例」をご覧ください。また、利用者がフォロワーを増やせると謳うアプリケーションも、Twitterルールで禁止されています。

出典:Twitter ヘルプセンター 自動化ルール

D. ツイートやアカウントに対する自動化された操作

 

 

 Twitter の規則では「自動フォローを行うこと自体」に制限はかかっていませんが、以上のように「大量または無差別にフォロー」することは禁止されているんですね。

ぽむこ
一度に「大量フォロー」をして、アカウント自体を凍結された人を、何人も知っている…

 

 

 

「無料の自動フォローbot」なども 探せばありますが、「 ビジネス上の集客として、大切に育てていきたいアカウント」に、「無料の自動フォローbot」を使って実験するには、少々リスクが高いですね‥。

開発者がAPIベースのボットアカウントを運用する場合、何のアカウントなのか、アカウントの責任者は誰なのかを明示する必要があります。アカウントがボットであるかどうかに関して、利用者に誤解や困惑を与えてはなりません。 有効な方法として、プロフィールの自己紹介で、アカウントがボットであると明示することをお勧めします。

 出典:開発者ポリシー スパム、ボットおよび自動化

https://developer.twitter.com/ja/developer-terms/policy

ぽむこ
基本的にボットはボットと書かないといけないみたいですが、「@bot」みたいに書くと、「 アカウントとしての信用性」も失われますし、 「ボット」と記載のないアカウントが凍結されている事例もあるようです。

そういった理由もあり、私は安全性の高い、socialdogを選びました。

 

 

それでは、socialdogを使って、「自動フォロー」の代わりに、何を「時短」できるのかというと、

socialdogを使うと、「自分のフォロワーになってくれそうな人を一括フォロー」することができます

 

ただ、今あなたがお持ちの疑問としては

「 一括フォローって、 どうやってやるの?(本当に時短になるの?)」

ということだと思います。

 

それでは、 私が「一括フォロー」で 「どうやって時間をしているのか?」 一例をお見せしますね。

ぽむこ
socialdogには、たくさん機能があるので、私がよく使っていて、効果の上がった、一部の方法をお見せするね!

 

socialdogで「フォロー」を時短化させるために、私がやっている具体例

 

 

例①「キーワードモニター設定一覧」から、自分のアカウントのファンになってくれそうな人をフォローする

「 キーワードモニター設定」をしておくと、「 狙ったキーワードでつぶやいたツイート一覧」を見ることができるので、

「 自分のアカウントに興味がありそうな人」を一覧から探し当ててすぐにフォローすることができます。

 

② 「フォローしていないユーザー一覧」から、自分のアカウントのファンになってくれそうな人をフォローする

 

socialdogでは、「フォローしてくれているけど、自分がフォローしていないアカウント」を 簡単に一覧にしてくれているので、 「自分がフォローしていないアカウント(だけど自社のアカウントに興味を持ってくれているアカウント)」に 積極的にアプローチして、深く交流することによって、そこからフォロワーの輪が広がります。

 

 

③ 「@ツイート一覧」から、自分のアカウントのファンになってくれそうな人をフォローする

「@ツイート(メンションのツイート)をしてくれている=あなたのアカウントに興味を持ってくれているアカウント」です。

Twitter上では、「@ツイート(メンションのツイート)」は、 1回1回手動で検索しないといけないので、 とにかく無駄な時間コストがかかってしまいますが、

socialdogでは「@ツイート(メンションのツイート)」を してくれた人が一覧で出てくるので、「@ツイート(メンションのツイート)」を してくれた人に積極的にアプローチをし、フォローなどをすることによって、深く交流することができ、結果的にフォロワーが、増えていきやすくなります。

 

番外編:「フォローされていないユーザー」一覧から、「自分のアカウントに興味を持ってくれなさそうな人をフォロー解除する」ことも可能

また、socialdogには、②「フォローされていないユーザー」一覧から、「自分のアカウントに興味を持ってくれなさそうな人をフォロー解除する」というシステムもあります。

FF比を保つためにも、「フォローバックを狙って、フォローしたけど、フォローを返してくれないユーザー一覧」をピックアップして、フォロー解除することも、一発で可能になります。(Twitterでは、「フォローを返してくれないユーザー一覧」を あぶり出すのは、かなり困難です)

 

 

socialdogで「フォロー」を時短化させるために、私がやっている具体例まとめ

 

通常Twitterの画面上だけだと

  • 「フォローしているけど、フォローされていないユーザー」
  • 「フォローされているけど、フォローしていないユーザー」
  • 「非アクティブなユーザー」

を 探すのに、かなり時間がかかってしまうんですね(フォロワーが増えれば増えるほど、 探すのが困難に…)。

 

そんな中で、「socialdog」は、以上の「 twitter上では探すのが困難だけど、 あぶり出したいユーザー」が管理画面上で一覧で出てくるため、

ソーシャルドッグの画面上で「フォロー」「フォロー解除」を簡単にすることができるのが、とても時短につながっています

 

メモ

さらに言うと Twitter の規則上「フォロー」「フォロー解除」に「1日これ以上やったらアカウントが凍結される」基準があるようなのですが、

socialdogを使うと、勝手に「1日でフォロー解除できる上限に達しました」のような「警告」をくれるので、 

socialdog上で作業をすることによって、上限を気にしなくても、「フォロー」「フォロー解除」によって、アカウントが凍結されたり消されるリスクも少なくなりました。

ぽむこ
twitter上で「交流するのがメイン」なのではなく、「集客」を メインに考えているスタートアップや、 フリーランス(個人事業主)の方には、 最強の「時短化アイテムですね。

>> 【7日間無料体験可能】socialdogの 機能・料金などの詳細を見てみる 

 

socialdogは「自動いいね・リツイート」を使って時短は可能?(結論:一括いいね・リツイートで時短化は可能)

次に「自動いいね・リツイートで時短は可能?」という疑問についてなのですが、

結論からお伝えすると、socialdogは、「自動いいね」はできませんが、「一括いいね」で時間短縮することは可能です。

メモ

  • 自動いいね・自動リツイート…「システム」で、自動で「いいね・​​リツイート」をしていくこと。
  • 一括いいね・一括リツイート…「人の手」で、気になるツイートに「いいね​・リツイート」をしていくこと(凍結リスクが少ない)

 

なぜsocialdogで、「自動いいね・自動リツイートができないようになっている」のかと言うと、

Twitter の規則上、自動いいねは禁止されているから」です。

(「自動リツイートも、できないことはないですが、過剰にやりすぎると規則に違反して、凍結リスクが高まります。」)

いいねの自動化: 自動的にツイートをいいねすることは禁止されています。

リツイートの自動化: 他のすべてのルールを遵守していれば、エンターテイメント、情報提供、その他の新しい用途のためにリツイートや引用ツイートを自動的に投稿できます。リツイートの自動化は多くの場合、利用者の快適性を損ないます。そのため、リツイートの一括投稿や過剰投稿、スパム的なリツイートはTwitterルールで禁止されています。

Twitter ヘルプセンター 自動化ルール

D. ツイートやアカウントに対する自動化された操作

 

それでは、socialdogで、「自動いいね」の代わりに何ができるのかというと、「自分のフォロワーになってくれそうな人に、「一括いいね」「一括リツイート」」することができます

 

「「一括いいね」「一括リツイート」」することができる」と何がいいのかというと…

  • 「とにかく時短になる にもかかわらず、
  • 見込みフォロワーへのアプローチ』が
  • 『 凍結のリスク少なく』簡単にできるということですね。

 

それでは、 どうやって見込み客へのアプローチを簡単にできるのか?

 

私がよく使っている、 例を1つ挙げると…

 

「@ツイート」や「キーワードモニターで設定しているキーワード」の一覧が、自動でsocialdog上に出てくるので、socialdog上で、一括して「いいね」「リツイート」をしていくことができます

 

Twitterだけ使っていると、毎回手打ちで「 キーワード検索」「@(メンション)検索」を しないといけなかったのが、

socialdogを使えば、 毎日「自動で」「キーワードでつぶやかれたツイート」をピックアップして一覧に載せてくれるので、

「毎日キーワードを、 Twitter 上で大量に検索していいね・リツイートを大量にする必要」がなくなって時短になる、ということですね。 

>> 【7日間無料体験可能】socialdogの 機能詳細はこちらで確認ができます 

 

socialdogは「自動ツイート」を使って時短は可能?(結論:一括登録で3ヶ月自動ツイート可能)

それでは最後に、「socialdogで自動ツイートで時短は可能?」という疑問にお答えしていきたいと思いますが、

結論からお伝えすると、socialdogは、「botのような繰り返しツイート」はできませんが、「自動ツイート」を「3ヶ月分セットして、超時短すること」は可能です。

 

ぽむこ
私がsocialdogのProプランをわざわざ契約したのは、この「3ヶ月分、自動でツイートがセットできる」という理由ががとても大きいよ。

Proプランは、 他のプランと違って何ができるのか?」 知りたい方はこちらからチェックしてみてください。

結果、「3ヶ月Twitterを忙しくて触れなくても、勝手にツイートしてくれる」ので、大満足です。

メモ

・botのような繰り返しツイート…「システム」で、自動で繰り返し「同じツイート」をしていくこと。 

・自動ツイート…フォロワーの状況に合わせて、ツイート内容を変更しながら、「未来につぶやく予定」の Twitter 文章をセットすること(フォロワーの状況に合わせて、随時 ツイート内容を修正できるので、 ファン化が進みやすい。また、 凍結リスクが少ない)。

 

まず、なぜsocialdogが、botツイートをできないようになっているのかと言うと、 「Twitter の規約に反しないように運営をするため」です。

 

まず、 Twitter の規約を確認してみましょう。 

その他の自動ツイート(@ツイートや返信を除く): 他のすべてのルールを遵守していれば、エンターテイメント、情報提供、その他の新しい用途のために自動化されたツイートを投稿できます。繰り返しになりますが、同一内容のツイートやスパムなど、禁止されているコンテンツを投稿した場合、アカウントが凍結される可能性があります。

Twitter ヘルプセンター 自動化ルール

B. ツイートの自動化

 

まず、Twitter 上で「bot運用をすること自体」は、禁止されていませんが、様々なルールが設けられており、ルールに準拠しないと、アカウントの凍結のリスクが高まります

 

また、botツイートで「フォロワー自体」は、増やすこと自体ができるかもしれませんが、

肝心の目的の「コンバージョンさせる」ことを考えた時に、bot運用だけでは、 難しいです。

 

「ツイッターを自動化させる目的」が「自社の商品」または「アフィリエイト商品」の「コンバージョン(CV)」なのであれば、botではなく、

「人の手」で「予約投稿」されることをおすすめします。

 

なぜかというと、「bot運用」は、 フォロワーさんの「ファン化」が 進みにくくなるからですね。

「ファン化」が進まないと、 「ただフォロワーが増えただけ」では、商品のコンバージョンにはつながりません。

 

「都度、人の手で修正を加えるツイート」を「 予約投稿でセットする」のが、 「ツイートの自動化」を図るには、1番の解決策ですね。

メモ

実は、私も初め、「 bot で自動化」を検討して、実はbotも利用した経験がありますが、無料のbotサービスを使うと、

  • 途中でツイートされなくなった
  • そもそもアカウントに入れなくなった
  •  「 ツイートの時間帯を指定できなかった

と、不具合がかなり多かったので、 twitterからの集客を増やすのであれば、「bot集客はリスクが高いな」と感じました。

「真面目に Twitter で集客をしたい」のであれば、socialdogなどの「 大企業でも使われているシステム」を使って、 真面目に運用する方が安心です。

 

それでは、socialdogは、「 予約投稿を使ってどれぐらい自動化を図れるのか?」ということですが、

私の場合「毎日毎日予約投稿をセットしていた時間」が短縮化され、毎日 twitterにかける時間が「2時間→15分」に 短縮化されました。

 

それでは具体的に「socialdogのどういう機能を使って短縮化されたのか?」 を、お話ししていきますね。

 

実は、 twitter上でも「PCから投稿」などをすれば、「予約投稿自体」は することができます。

(また、socialdogでも、Liteプランや、Lite+プランでも「予約投稿」自体はすることができます。)

 

ただ、問題なのは、

「毎回毎回、文字を入力して」「日にちをセットして」「時間をセットして」「 予約投稿ボタンを押す

毎回この作業が必要になるということです。

 

(ちなみに「Twitter公式の予約投稿システム」を一度 使ったことがあるのですが、なぜか「セットしたつぶやき」が、されていない、という問題も発生しました。

socialdogで「 予約投稿したツイートが反映されなかった」事は1度もないのに…)

 

 

つまり、「1件、1件、人の手で投稿するのは、大量に時間がかかってしまう」 という事ですね。

 

twitterだけに、こんなに時間を割いていられない

 

そんなふうに悩み、「一括でつぶやきをアップロードして、予約投稿(自動ツイート)できる サービスは無いのか」と考えていた時に見つけたのが、socialdogのProプランでした。

 

ぽむこ
サービスはめちゃくちゃ探したけど、「一括で予約投稿できるシステム」で一番安かったよ。

ぽむこ
socialdogの「CSVのダウンロードで一括ツイート予約」が できると知って、 一瞬で契約してしまった。

ここから入ると、7日間 無料お試しキャンペーンを使えたので、 実際に課金する前に試せたのも大きかったよ。)

そして、使ってみたら、「socialdog神! 今まで毎回毎回ツイート予約してた時間は、何だったんだ」となったよね。

 

socialdogのProプランを契約すると、何かできるようになったかと言うと、「CSVファイル(エクセルファイルから簡単に変更することができます)」を

 

socialdogに「1回ダウンロードするだけ」で、「3か月先のツイート」まで「自動でセット」をすることができるようになりました

個人的には、「socialdogを使うようになって、一番満足している」のは、この「1ヶ月先までの、 一括ツイート予約ができるところ」です。

 

なぜかというと、今までポチポチツイートしていたので、コメントの返信なども気になり、socialdogを使う前までは、1日に2時間ぐらいTwitterに時間をかけてしまっていたのですが、

socialdogを 導入した今は、1回csvを ダウンロードして予約しておけば、勝手に3ヶ月先までつぶやいてくれるので、 Twitter にかける時間は「1日15分だけ」(コメントチェックやリツイートチェックなど)になって、かなりの「時間の節約」に つながりました。

 

ぽむこ
「今までTwitterにかけていた時間」を、「商品作り」や「他の場所での発信」の 時間にあてられるようになったので、sosialdogに課金した以上に、売り上げが 上がるようになりました(あの時、投資判断をしていて、本当によかった。)。

>> 【7日間無料体験可能】socialdogで「自動ツイート」の 詳細を見てみる 

 

socialdogは自動フォロー・ 自動(一括)いいね・自動ツイートで時短することは可能なのか?

このように総括すると、私は、sosialdog(Proプラン)を 契約した「あの時の自分の判断」は間違っていなかったな、と思っています。

 

理由は、ソーシャルドッグを使うことによって「自動化」「短縮化」が可能になり、

導入前に比べて、結果売上も、さらに上がるようになった

からですね。

 

ぽむこ
時間はお金で買うようになったイメージ。

時間をお金で買うことによって、自分の時間ができて、その時間をさらに新たな事業の発展に使うことができるようになったので、本当に導入してよかった(あの時、判断した自分を褒めてあげたい)。

>> 【7日間無料体験可能】socialdogの 機能詳細を見てみる 

 

socialdogの「ここが思っていたのと違う」と思ったことは? (正直に口コミします)

ただ、 あまりいいことばかり言っていてもアレなので、

socialdogを使っていて「ここはちょっと思ったのと違った」と思ったことがありましたので、その点について、レビューしてみたいと思います。

 

「キーワードモニター設定に上限がある」ため、設定するキーワードは慎重に選ばないといけない

私はsocialdogのProプランを使っているのですが、 少し「思っていたのと違う」ことがありましたのでシェアしますね。

ホームページには「Proプラン=キーワードモニター100件(登録可能)」と書いてあったので、購入前は「100件のキーワードモニター」ができるものとばかり思っていました。

メモ

キーワードモニター=登録したキーワードを 自動で「毎日一覧で抽出してくれる」機能のこと。

例えば、「商品販売」などで登録すると、「【商品販売】というキーワードでツイートしたツイート」を、 いちいちTwitter上で毎回調べる必要なく、socialdogの管理画面で、一覧で見ることが できるようになります。 

 

ただ実際使ってみると、「1日でツイート取得できる件数に上限」があり(Proプランの場合は、5000件でした)

 

あまりにも「よくつぶやかれているツイートキーワード」(例えば「動画編集など」)をキーワードモニターに設定してしまうと、途中でキーワードモニターが機能しなくなることがありました

ここが 「購入前は見落としていた点」ですね。

 

ですので、最近は キーワードモニターに、「動画編集 稼ぎ方」など「2語のツイート」をメインにキーワードモニターに設定するようにしています。

(そうすると、「1日の取得件数上限」にまでは達さず、うまくキーワードを拾えるようになりました。)

 

socialdogの管理画面にあるけど、使えない機能もある

socialdogを使ってみるまでは、「Proプランなので、管理画面の機能をほとんど使えるんだろう」(プランの比較はこちらで確認できます)と、勝手に思っていたのですが、

「管理画面に用意されてはいるものの、使えない機能」があったのが、使ってみて少し残念に思いました。

 

とはいえ、「socialdogを契約した、一番の目的(KPI)」は「集客を時短化する、効率化して売上を上げる」ということであって、

「集客を時短化する、効率化して売上を上げるための機能」は 使うことができているので、 そこまで気にはしていません。

 

 

「見れない機能で何ができるのか」は分かりませんが、Proプランの機能で十分成果が上がっているので、よしとしているところです。

 

socialdogの総合的な評価(体験談・口コミ・レビュー)

socialdogのProプランを使ってみての、「総合的な評価」ですが、

結論として「思っていたのと違った」ところも少々ありましたが、致命的なデメリットといえるほどのデメリットではなく、総括すると、

 

  • 時短になった
  • にも かかわらずフォロワーが増えた
  • 売り上げも上がった(私は自分の商品を持っていますが、「Social Dog課金分以上の売上」になった

と、socialdogの「分析機能」や「自動化機能」によって、KPIとする「socialdogに投資した額以上の、売上アップ」につながっているので、

 

 

私としては結論として「socialdogを取り入れてよかった(投資成功)」という結論に至っています。

ぽむこ
「1年ごとの契約」にしていますが、よっぽどソーシャルドッグよりも安くて機能の高いシステムが出てこない限り、来季もsocialdogを継続して利用する予定です

(「Twitterで本気で集客している」ほとんどの方が、socialdogを使っていて、「調べると情報が出てきやすい」と言うのも、大きな理由の1つ。

>> 【7日間無料体験可能】socialdogの 機能詳細を見てみる 

 

 

socialdogのその他の評判は?

では、 私以外の「socialdogを使っている人たちがどう思っているのか?」その他の評判も見ておきましょう。

 

メモ

ソーシャルドックは「非アクティブユーザー」も見ることができるので、「途中でつぶやかなくなった人」の多さに圧倒されるかもしれませんが、

「ソーシャルドックで3ヶ月先までの自動ツイート」をしておけば、途中で忙しくて Twitter を見る暇がなくなってしまったとしても、勝手に呟いてくれるので、

自分のアカウントが「非アクティブユーザー」になることはないので、安心ですね。(一度「非アクティブユーザー」になれば、 フォロー解除されてしまうことが多いです)。

 

メモ

本当にこれなんです。

ツイッターを事業に使って、伸ばしている人は、ほとんど「自動化」していますね。

 

メモ

ソーシャルドックは「非アクティブ」などから、 Twitter 上では分かりにくい「スパムアカウント」は一瞬で見つけ出すことができるので、便利ですね。

 

socialdogのその他の疑問

socialdogの危険性は?botみたいにアカウントBANされたり、乗っ取りはないの?

結論をお伝えすると、socialdogは、大手企業にも導入されている「かなり安全性の高いTwitter の半自動化のシステム」なので、私もかなり安心して使わせてもらってます。

こちらのページでどんな企業に利用されているのかチェックすることができます

ぽむこ
誰もが名前を知っている大手企業にも利用されていて、驚きますよ。

 

socialdogは、「自動フォロー・ 自動いいね・自動ツイートができない」とお伝えしてきました。

socialdogが「 自動化できる所で、なぜあえて自動化できないようにしているのか」というと、

理由は、socialdogが「 Twitter の規則に則って、使える範囲の、最大限の機能を有しているから」です。

 

例えば、昔ソーシャルドッグは「自動でいいねできる機能があったようなんですが、 Twitter の規約改定によってできなくなった」ようです。

 

 

つまりsocialdogは「Twitter の規約改定」によって「今の Twitter の状況で、【規約に反しない範囲で】最大限効率化できる機能」に 変化していっているので、

「socialdogを使っていれば、利用者はわざわざ Twitter の規約改定をチェックする必要がなく、 安心して自動化のツールを使うことができる」ということも、大きなメリットの1つになりますね。

 

socialdogの退会や解約はできる?

socialdogの退会や解約は、「面倒な手続きなく」簡単にすることができます。

ソーシャルドックのホームの「アカウント設定」から「ソーシャルドックアカウントの削除」ボタンを 押すことで、 特に電話したりする必要はなく、ウェブ上で簡単に解約することが可能です。

 

socialdogで複数のアカウントを管理できる?

「Lite+」以上のプランであれば、 Twitter アカウントは「1〜50」ものアカウントを、管理することができます

ぽむこ
Twitter のアカウントは、ジャンルなど用途によって分けた方がいいので、 Twitter で本格的に集客したいなら「Lite+」以上のプランがおすすめです。

 

>> socialdogの【プランごとの詳しい機能比較】についてはこちらで確認することができます

 

socialdogのプランでおすすめは?

socialdogのプラン比較については、こちらのページで詳しく確認することができるので、まずは左記のページをご確認ください。

 

上記のページに入っていただくと、 簡単な比較表しか乗っていないように見えるのですが、 よくよく見ると「すべての機能を確認」ボタンがありますので、ここから、それぞれのプランの詳細比較をすることができます。

この機能比較ページを開いていただきつつ、ここからの話を読んで頂ければと思うのですが、 結論として私がおすすめするのは、私も使っているProプランです。

 

私自身が「socialdogを使っていて、よかった」と思う機能を、一つ挙げてほしい」と言われると、何よりも「一括予約」機能を挙げます。

 

 

この「一括予約機能」があるだけで、「毎日ツイッターを開いて Twitter を投稿する」必要がなくなったからですね。 

 

ツイッターをせっせと毎日投稿していた時は、

(導入前)ツイート文章を考えて→投稿して→交流して→いいねもして、と1日に2時間ほど Twitter に取られてしまっていましたが、

(導入後)socialdogを導入し始めて、 ソーシャルドックの予約機能に一括で登録しておくことによって、Twitterの毎日のチェックは1日15分になった

(忙しい時は Twitter をチェックしていない時もありますが、勝手に投稿してくれているので勝手にフォロワーが増えていきます)。

ぽむこ
ちなみに、「一括予約できるシステムでもっと安いシステムはな」いか探し回ったけど、socialdogが群を抜いて、一番安かったので、ここに決めました

 

 

「お金はないけど、時間はある」個人の方は、無料プランからコツコツ試してみてもいいかもしれませんが、

時間はないけど、少しばかりは投資する余裕があるし、 何よりTwitterにだけあまり時間を割いていられない」という方は、悪いことは言わないので「Proプラン」を始めから使ってみることをおすすめします。

 

(現在以下ページから「7日間無料で、有料プランをお試し」することができます。)

>> 【こちらのページから連携で、7日間無料体験可能】socialdogの 詳細はこちら 

 

socialdogの【お得】な申し込み方法

それでは 最後に「socialdogのお得な申し込み方法」をお伝えしておきますね。

 

 

①まずはソーシャルドッグのアカウントに入る 

まずは、こちらからsocialdogのアカウントに入ってください 。

そして、「Twitter ではじめる」ボタンを押します。

 

②Twitter を連携させる

次に「 連携したいTwitterのユーザ名」「パスワード」を入力します。

 

③キーワードモニターに登録する(後回しでもOK)

 Twitter と連携させると「キーワードモニターにキーワードを登録しよう」画面が出てきます。

「設定したいキーワード」がある場合はここで設定しておき、 「まだ設定するキーワードが思いつかない場合」は「後で」を選択します 

 

④7日間無料トライアルをする

※この段階では「無料プラン」の範囲でしか使えず、「CSVで ツイートの一括予約」などはできません。

「CSVで ツイートの一括予約」をお試ししたい場合は、以下の手続きが必要になりますので、 必ず最後まで手続きをしっかりしましょう。

 

ダッシュボードに入ると、上の方に「7日間無料トライアル」というものがあります。

 

この「7日間無料トライアル」を押すと、「 有料プランが一定期間無料で試せるキャンペーン」に参加することができます

メモ

※昔は「14日間無料トライアル」だったのですが、現在は「7日間無料トライアル」になっています。

トライアルがなくならないうちに、 無料トライアルをしてみましょう

7日以内に解約すれば、料金は一切発生しません

これで、晴れて「CSVで、 3ヶ月先までのツイートを一括予約」など「自動化ツールのお試し」が できるようになります

 

 

実は、socialdogは大手企業も利用しており、大手企業だけではなく「個人のフリーランス」や「スタートアップ」また「インフルエンサーの方」は、ほぼ必ずと言っていいほどソーシャルドッグを利用しています。

私も「何がそんなにいいのかな?」と、 正直初めは、思っていましたが、使い始めると、その「 自動化できる効率化の良さ」に、socialdogなしのTwitter運用は、もう考えられなくなりました。

 

「7日間無料トライアル」は、キャンペーン中につき、今だけ無料トライアルができるようになっています。

1日でも早くツイッターの集客の時間を効率化して、1日15分にしたい」方は、まずは「7日間無料トライアル」から、試してみてくださいね。

 

>> 【7日間無料トライアル付き】 socialdogとTwitter を連携させて無料で始めてみる

\特典付きリンク/

▶︎【こちらのページから無料連携で 7日間の無料特典付き】socialdogの詳細はこちら

※特典は、予告なく変更される場合があります

-②コンテンツ販売の方法